日本を守る為、真実の報道をした朝日新聞

朝日新聞襲撃事件(1987年)と同時期に統一教会教祖文鮮明は朝日新聞を攻撃するように幹部に指示していた。

統一教会は当時すでに散弾銃を韓国から日本に数万丁持ち込んでおり日本各地に銃砲店を数十ヵ所展開している状態でした。

1985年4月朝日ジャーナルが統一教会原理運動批判記事掲載時、朝日新聞東京本社に1週間で4万6000本の抗議電話が掛かり回線パンク

1986年12月5日朝日ジャーナルが霊感商法追及キャンペーンを開始。朝日新聞の藤森研編集委員の自宅に嫌がらせ電話が1日百数十回

1987年1月24日朝日新聞東京本社銃撃事件

1987年5月3日朝日新聞阪神支局銃撃事件(記者死亡)

1987年5月5日朝日新聞東京本社に脅迫状(文面「統一教会の悪口を言う奴は皆殺しだ、」)

1987年5月30日統一教会文鮮明教祖が朝日新聞を攻撃しろと幹部に指示した、と説教

1987年9月24日朝日新聞名古屋本社、社員寮銃撃事件

この時統一教会(勝共連合)は150人議員当選している。

詳しくは、『ちゃぬの裏韓国日記』参照

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三毛猫

Author:三毛猫
主に社会・政治・宗教について書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR