FC2ブログ

戦争屋内閣

『教育勅語』の活用など気違い沙汰やろ‼

柴山昌彦文科大臣が就任直後の記者会見で教育勅語の活用を語った。『現代風に解釈されたりアレンジした形で使える部分は十分にあり、普遍性をもっている部分が見てとれる。同胞を大切にするとか国際的な協調を重んじるとか言った基本的な内容を現代的にアレンジして教えていこうという動きも検討に値する』

改めて指摘しておくが、教育勅語の趣旨は、後半部分に明記された、『危急の時には、正義心から勇気を持って公に奉仕し、よって、永遠に続く皇室の運命を助けよ』と国民に命じている点である。
そもそも、『勅語』という法形式自体が、天皇の大権に基づき直接『臣民』に『下賜』する意思表示で、当時それが憲法の付属文書のような法的拘束力を持っていたことは歴史的事実である。そして、それが、第二次世界大戦の敗北に至った軍国主義を支えたことも史実である。
だからこそ、敗戦直後の昭和22年(1947)に教育勅語に代わる教育基本法が制定され、翌23年(1948)に両院が勅語の失効を確認する決議を行ったのである。
にも関わらず、日本国憲法の下で教育勅語を『アレンジして』教育に用いよう、という発想は論外であり、『文科大臣』が就任直後の記者会見でこのような発言をしたこと自体恐ろしい。

憲法99条は『天皇叉は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官、その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う』と明記している。ちなみに、柴山大臣は弁護士である。

弁護士といえば、稲田氏も酷かった。

この内閣も、カルト内閣、チンピラ内閣、犯罪者内閣、日本会議(日本乗っ取り朝鮮)内閣

終わってるね、




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三毛猫

Author:三毛猫
主に社会・政治・宗教について書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR